ブログ

トップページブログ

2015/2/24

音源録音時のワンポイントアドバイス!

こんにちは!
事務局です。
 
さて、お申し込み締め切りまで
あと1週間をきりました。
事務局には、続々とみなさまからの音源が
到着しております!
 
本日は、そのご応募について
音源録音時に役立てていただきたい
アドバイスを。。。
 
 
//////////////////////////////////////////////////////////////
 
■ ライブをICレコーダーなどで録音される方

  • ・ボーカルが最もよく聞こえ、会場の物音や拍手、話し声などが入りにくい位置にレコーダーを設置してください。
  • ・ボーカルが明瞭に聴こえる様、できればボーカルの近くやPAスピーカーの近くに設置してください。
    (PAスピーカーの近くに設置する場合は音が大きすぎる場合がありますので音が割れてしまわないか事前に確認して距離を決めてください)

  • ※マイクスタンドに設置できるものもあります。またスタンド固定用のアダプタなども市販されています。

 
■ カラオケを使われる方

  • ・素の声を聴かせて頂きたいのでエコーなどのエフェクトをかけすぎないよう注意してください。
  • ・ピッチ補正機能の使用はおひかえください。

 
//////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
というわけで、既にご存知の方も多いかと思いますが
よりよい作品をご応募いただくために
役立てて頂ければ幸いですーー
 
それでは、みなさまからのご応募を
まだまだお待ちしています!!
 
 
> 第16回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテスト出場者のお申し込みはこちら!
 

2014/5/13

今年のグランプリのご紹介!!

みなさん、こんにちは。
 
先ほどお知らせページで発表した
第15回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンの
高橋リエさん。

 
7歳からハモンドオルガンを始め、洋楽好きの母の影響で洋楽を歌い
2007年からジャズシンガーとして活動を始め、ピアニスト高橋俊男氏に師事。
ボイストレーニングを小林エミ氏に、ワークショップではNYのマリオン・カウィング氏に師事。
神戸を代表するジャズクラブSONEのレギュラー歌手として、その他神戸、大阪のみならず、
2013年さいたま新都心ジャズヴォーカルクイーンコンテストでグランプリ受賞し、東京でも活動中。
ジャズのリズムに乗って日常英会話を教えるジャズ・チャンツのインストラクターとして
ジャズヴォーカル教室を開催中。
 
 
というプロフィールをいただいているんですが、
第10回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストの
準グランプリ
を受賞されていることをご存知でしたか?
 
 
歌唱力、パフォーマンスともに貫禄の受賞でした。
 
 
さらにさらに、高橋リエさんは、
地元・神戸市兵庫区出身でもあるんですーーーーー!

 
 
なんだかうれしいですね。
 
 
これからのご活躍を、みなさんで応援しましょう!!!
 
 
 
第15回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンの 高橋リエさん。

2014/5/2

今年の総合司会は第6回クィーンのShokoさん!

今年の総合司会は第6回クィーンのShokoさん!
 
今年の総合司会は、中四国はもとより、関西・関東において、
ホール・ホテル・ライブハウス、レストラン等々、様々な場所にて活動中の
第6回クィーンのShokoさんです!!
 
【Shokoプロフィール】
東京都出身。小学生時代からキーボードやギターに親しみ、17歳で洋楽のヴォーカルレッスンを始める。ライブハウス出演やCMソングレコーディングなどを経験するが、サラ・ヴォーンの歌に衝撃を受けジャズに開眼。岡山に転居後、本格的にジャズヴォーカリストとしての活動を開始する。豊かな表現力とアットホームな雰囲気で、岡山のみならず、四国・関西・関東でも、多くのファンを魅了し続けると同時に、後進の指導、プロデュースを行なう。「Voice+Creation」代表。岡山市内ライブハウス「Bird」、西新宿Jazz「あ・うん」、全日空ホテルクレメント高松、高松「サロンドシェル」他にレギュラー出演中。第6回グランプリ受賞後は、中四国はもとより、関西・関東において、ホール・ホテル・ライブハウス、レストラン、アートギャラリー、神社等々、様々な場所にて活動の場を広げている。
2008年8月にラッツパックレコード(株)よりCDを発売。
 
 

2014/4/25

神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストのブログページです

こちらで神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストに関連したブログを更新してまいります。
どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー

最新の記事

過去の記事

  • 過去のクイーンのご紹介

PageTop