プログラム

トップページプログラム出場者紹介「島谷 理子」

島谷 理子

島谷 理子

(大阪府)

2000年にヴィブラフォン奏者 鍋島直昶氏との出会いJAZZに触れ、後に歌を独学。2011年春よりカナダはトロントにて過ごし音楽と英語に触れる。2012年秋に帰国。2013年2月より2015年7月セントレジス大阪『セントレジスバー』にて日本人初のハウスシンガーを務める。2014年9月には自身初のアルバムをリリース。2016年5月神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて新開地特別賞受賞。現在は、関西を中心にライブハウスやイベントで活躍中。

【出場者からのコメント】
朝、出ない声と共に目覚め、悔しい思いで臨んだ昨年でしたが、貴重な経験で多くを学びました。今年もファイナリストに選んで頂けた事に感謝し、思いっきり楽しんで歌いたいと思います。応援よろしくお願いします!

出場者一覧

PageTop