トップページ新開地のニュース新開地ニュース > 『第13回新開地映画祭』が毎日新聞に掲載されました!!

新開地のニュース

2016.10.26

『第13回新開地映画祭』が毎日新聞に掲載されました!!

[新開地ニュース]

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『第13回新開地映画祭』が毎日新聞に掲載されました!!

以下が掲載内容です。

―――――――――――――――――――――――

(毎日新聞 朝刊 2016.10.26付)

 

テーマはLove&Eros 

女性限定映画祭

新開地で28・29日

 

 

神戸・新開地の神戸アートビレッジセンター(神戸市兵庫区)で28、29日の両日、女性限定の「新開地映画祭」が開かれる。テーマは、「オンナ度50%アップ Love&Eros」。計5本の映画上映のほか、女性限定の官能小説朗読ショ―や、男子禁制のストッキングショーなどもある。

 

新開地はかつて「西の浅草」と呼ばれ、20以上の映画館や劇場がある歓楽街。同映画祭はその歴史に触発され始まった。

 

28日は「愛と官能のロマンポルノナイト」として、午後7時からにっかつ作品2本を上映。29日は「ラブ&エロスシアター」と題して、午前0時半から瀬戸内寂聴さんの小説を映画化した「花芯」(村川絵梨さん主演)を上映。上映後に安藤尋監督のトークショーも。午後3時半から「美代子阿佐ヶ谷気分」、午後6時45分からは「戦争と一人の女」を上映する。上映作品は全てR―15かR―18で、各回100席限定。

 

1作品1000円(ゲスト招待上映は1800円)。チケット予約は26日までに新開地まちづくりNPOに電話(078・576・1218)か、ホームページ(http://eigasai.shinkaichi.or.jp/)。当日も残席分を販売する。

【栗田亨

「新開地のニュース」の一覧ページに戻る

このページの先頭へ