第18回神戸新開地音楽祭

2018年5月12日(土)13日(日) 湊川公園・新開地商店街一帯
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ

5月12日(土)のタイムテーブル

12:00~オープニングセレモニー

オープニングセレモニー

神戸市消防音楽隊がシンボルゲートBIGMANより新開地本通りを演奏しながら大行進
(11時35分出発)。
メインステージ前で演奏、そして開会のファンファーレ。
第18回神戸新開地音楽祭の幕開けです!

12:20~名物!新開地のど自慢

名物!新開地のど自慢

公募出場者が大熱唱、“のど自慢の鐘”が鳴り響く!

公募出演者がプロバンドをバックに大熱唱。
“のど自慢の鐘”が高らかに鳴り響きます! (バックバンド:小田イタルとワイルドハンズ)

ゲスト司会者:吉川精一
ゲスト司会者:吉川精一
NHKの名物アナウンサーとして「紅白歌合戦」「のど自慢」などの司会を務める。定年後は『ニュースの読める演歌歌手』として幅広く活躍中。

13:20~Battle de eggステージ

Battle de eggステージ

ハイレベルな演奏を楽しんで!

全国初の官・民共同主催の若者支援、育成、応援プロジェクト「第6回Battle de egg」準優勝バンドが出演します。

  • 13:20~

    mari4ten(マリシテン)

    mari4ten(マリシテン)
    「平成が生んだ社会人バンドのラストサムライ。古き良き日本オルタナティブサウンドを基軸としつつ、随所に光るポップセンスに定評があるとかないとか・・・。2018年春に1st e.p.を発売し全国で活動中。

13:50~音楽祭セレクションステージ

音楽祭セレクションステージ

今年もスゴイぞ!実力派公募バンドが登場!

プロ・アマ・ジャンルを問わず公募721組より選抜された、
実力派バンドがメインステージに登場します。

  • 13:50~

    バラバラバナナ

    バラバラバナナ(公募)
    新開地は私たちにとっても思い入れの深い場所。しかも歴史ある音楽祭でのメインステージ♪これはもう張り切るしかありません。新しく!開ける!この地からみんなで一緒に羽ばたきましょう!
  • 14:20~

    THE AVENUE

    THE AVENUE(ブルーグラス / 公募)
    ポピュラー音楽のルーツ、ブルーグラス! ここ神戸でジャズとならび昔から親しまれてきた音楽に新しい風を取り入れ、”明るく楽しくお陽気に” 時を過ごしてみませんか。
  • 14:50~

    パレス

    パレス(ファンク・ポップス / 公募)
    見たことがあるようでないスタイルで、生バンドとダンスをMIXさせた新しいファンキーグループ!大阪府の大正区音楽振興大使としても活躍中のパレスが神戸にも新しい風を吹かせに来てくれました!去年からの2年連続の出演となります!
  • 15:20~

    Heartful★Funks

    Heartful★Funks(ファンク / 公募)
  • 15:50~

    アカシアオルケスタ

    アカシアオルケスタ(ジャズ・ポップス / 公募)
    ロック・ジャズ・ラテンなどを取り入れ独自のポップスに昇華。今年5年半ぶりとなるニューアルバムが完成!アカシアオルケスタ史上まちがいなく最高の一枚。 新開地音楽祭が大好きなバンドが全力で賑やかしにいきます!
  • 16:20~

    うしをみやこ

    うしをみやこ(ポップス / 公募)
    2003~2012年アカペラグループ宝船のリードボーカルとして活動。2009年7月にオーストリアで開催されたアカペラ世界大会「Vocal.total」にてジャズ 部門で優勝。 現在は「うしをみやこ」としてソロ活動中。ハスキーな低音、クリアな高音の声色を持ち、さまざまな表情のある歌を歌いあげる歌唱力とともに、聴く人々をほっこりさせる独特の人柄にも定評がある
    味娘(アジムス)
    2000年、バイオリンのGUTCHをリーダーに、関西を中心に活動するジャズミュージシャンによって結成。メンバーは、それぞれ自己のバンドやセッションプレイヤーとして様々なジャンルで現在も活躍中。
    ジャズファンだけでなく、あらゆる音楽ファンが楽しめるような、”過激でポップなラテンテイスト”をコンセプトとし、誰もが耳馴染みのある曲を題材にアレンジしたものや、聴き手に想像の世界が広がるようなオリジナル曲を聴かせる。そして、クラシックのイメージがまだまだ強いバイオリンの、ひと味違った魅力を伝えてくれる数少ないグループである。

17:30~GSゴーゴーナイト

GSゴー↑ゴー↑ナイト

昭和のグループサウンズナンバーでノリノリ!

ゲストには「ザ・タイガーズ」のドラマーとして活躍した、瞳みのるが登場。「ザ・タイガーズ」の懐かしいナンバーを中心にお届けします。家族みんなで歌って、踊って、楽しんで!!!

  • 17:30~

    二刻パラノイア

    二刻パラノイア(妄想ロック)
    妄想を司る神「二刻様」を祀る、福岡の神社ガールズバンド。 メンバーはVo.楓、Gt.美穂、Ba.直、Dr.セリカーナ。 持ち前の妄想力を駆使したエンターテイメント色の強い神楽(ライブ)を遂行し、妄想信者や参拝者を笑顔にしている。
  • 18:00~

    Andy & his FireCrackers

    Andy & his FireCrackers(ラテン・スウィング)
    1930年代のニューヨークのクラブを彷彿させるホットなダンスミュージック、ジャイブ、ラテンナンバー。京都のサブカルチャー界のドンと呼ばれるアンディが今宵も貴方をエンターテイメントの世界に誘います。
  • 18:30~

    Queen's Tears Honey

    Queen’s Tears Honey(アカペラ)
  • 19:00~

    瞳みのる

    瞳みのる(グループサウンズ)
    瞳みのる(音楽家・著述家)
    京都市出身。1967年、ザ・タイガースのドラマーとしてデビュー。グループサウンズの代表的バンドとして絶大な人気を誇る。 1971年に解散後、一年間の猛勉強を経て慶應義塾大学に合格。中国文学の研究のために、大学院に進学し、さらに北京大学にも留学。大学院終了後は慶應義塾高校で33年間教鞭を執る。2011年から音楽活動を再開し「沢田研二 LIVE 2011〜2012」全国38か所のツアーに参加。2013年12月、44年ぶりにザ・タイガースオリジナルメンバーでのコンサートを実現し、8公演で10万人を動員。また2014年に自らのバンド「二十二世紀バンド」を結成して以来毎年ライブツアーを行っており、海外では2016年は北京で、昨年2017年は台北でもライブを開催した。
    演奏:味奉行&ザ・バンドマン(友情出演)
    1960年代、関西グループサウンズブームの象徴的存在でザ・タイガースとも親しかった「加賀テツヤとザ・リンド&リンダース」の宇野山 和夫率いる超絶テクニック集団。(Ba:宇野山 和夫/ Key:竹瀬 有美/Gt:大西 教文/Dr:小林 亮)

13日(日)のメインステージタイムテーブルはこちら!

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ