第19回神戸新開地音楽祭 2019年5月11日(土)5月12日(日)湊川公園・新開地商店街一帯

音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
新開地音楽祭facebookページ

2016年3月3日

第16回神戸新開地音楽祭・公募バンド審査総評です!

[カテゴリー]  ミュージシャンステージ

みなさん、こんにちは。

神戸新開地音楽祭事務局です。

 

やっとやっと暖かくなりましたね~!

冬が苦手なので、ホッとします。
音楽祭開催に向けてさらにエンジンフル回転で
がんばりますよーーー。

 

 

さて、事務局では公募バンドの審査が無事終わり、
現在プログラムづくりに追われています。

 

みなさんに審査結果をお送りする前に、
メインステージ担当の高端より

審査総評が届きましたのでご紹介しますね。

————————————————–
こんにちは。メインステージ担当の高端です。

今年は過去最高・649通の応募がありました。
この激戦を勝ち抜いたみなさん、

まずはおめでとうございます。

 

野外ステージ出演者審査の流れを簡単に解説します。
審査は、音楽ジャンルではなく、
演奏人数と楽器編成に分類した上で行います。

 

一度でも新開地音楽祭に来られた方はご存知かと思いますが、
大きくはドラムのあるステージ、ないステージに分かれています。

 

審査は、おもに過去の音楽祭を何回も運営したスタッフが、
これまでの経験をもとにおこなっており、まず、
音源と添付資料のみを用いて一次審査を行い、応募者を絞っていきます。

 

今年は4日間かけて一次審査を行いましたが、
単純計算で応募者1件あたりの審査時間は平均3分です。

 

その後、一次審査の評価を基に、各ステージの担当スタッフが
プログラム構成を考慮して最終選考とします。

 

ここで、審査の虎の巻をあげておきます。
紙一重の差で選に漏れたバンドも多くあるので、
企画意図をくみ取って来年の参考にしてください。

 

 

 

1.「神戸新開地音楽祭」は地域を盛り上げるための行事で、
バンドコンテストではありません。審査で一番大切なのは音源です。
データの入っていなかった音源を送られた応募者が数名あります。
応募前の音源の確認は必須です。
音量音質が悪ければ、演奏が良くても
高い評価が得られません。低価格高性能な機器も身近にあるので活用してください。

 

 

2.応募要項を熟読してください。人数、楽器、出演可能日など
お願いしている項目を漏らさず記入お願いします。

審査音源を2曲お願いしているのに、1曲しか送ってこられず、
メインステージを逃したバンドもいました。

 

 

3.審査は自己アピールの場ですから、
クリアな音源を準備したり、URLにアクセスしやすくするなど
効果的なアピールをして下さい。

「印刷したアドレスで、ホームページやYouTubeを観て下さい」は、
不利になります。長いURLを入力して閲覧することは、
限られた審査時間内ではなかなかできません。
オンライン応募でホームページやYouTubeを登録してください。

 

また、野外ステージをそのまま流した動画では、
快心の2曲に絞って編集する方が審査には有利です。
動画の冒頭に長々としたMCやバンドのテーマ曲も、
早回しされて印象が悪くなります。

 

 

4.動画は当日の演奏形態・人数に合わせて
撮影されたものを送って下さい。
イメージビデオやジャケットのみでは演奏している姿が想像できないので、
審査にはマイナスです。野外ステージでは生演奏が基本なので、
過度の打ち込みやオーバーダビングは避けて下さい。

 

ビジュアルを重視してもらいたいなら、動画は必須です。
その上で、バンドの個性が分かるライブのフライヤーや画像も
審査の加点対象です。

 

オンライン応募が始まって2年目ですが、
応募者の半数以上はこちらに移行しています。
将来的には全ての応募がオンライン応募になる可能性が高いので、
今年は他の音源で応募された方も、来年以降はオンライン応募の
準備をしていただけると助かります。

————————————————–

 

いかがでしたでしょうか?!
当てはまるポイントがあったみなさんは、
来年応募いただく際に、改善いただけるとうれしいです。

まもなく、応募結果をお送りしますので、
もうしばらくお待ちくださいませーーーーーー!

 

 

過去の記事

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ