第18回神戸新開地音楽祭

2018年5月12日(土)13日(日) 湊川公園・新開地商店街一帯
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ

トップページ音楽祭ブログ > スタッフ日記の記事一覧

「スタッフ日記」の記事一覧

NEW!2018年4月25日

第18回神戸新開地音楽祭『名物!のど自慢』のリハーサルをおこないました!!!!!

[カテゴリー]  スタッフ日記

こんにちは。新開地音楽祭事務局です。

 

先週日曜日、第18回神戸新開地音楽祭『名物!のど自慢』のリハーサルをおこないました!新開地音楽祭のど自慢と言えば、のど自慢の鐘(チューブラベル)。そして司会物は、NHKの名物アナウンサーとして「紅白歌合戦」「のど自慢」などの司会を務めた吉川精一さん。定年後は『ニュースの読める演歌歌手』として幅広く活躍。今年はどんな名司会ぶりを見せてくれるのでしょうか?!

 

そして出場者ラインナップにもご注目ください!プロのバックバンド(小田イタルとワイルドハンズ)のナマ音でおこなうリハーサルでも物怖じせず、堂々たる歌いっぷりの8名は、こんな方々です!!!!! (なかには、ふだんから音楽活動をしている人もいるようですよ~)

 

上から、

沢田研二「危険なふたり」
クリスタルキング「愛をとりもどせ」
石川さゆり「天城越え」
朱里エイコ「北国行きで」
桜井くみ子「海宿」
平田隆夫とセルスターズ「悪魔がにくい」
夏川りみ「童神〜ヤマトグチ〜」
miwa「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」

 

うーん、なかなか濃厚なラインナップ。新開地音楽祭のど自慢は個性豊かでレベルも高いのが自慢です。 『名物!のど自慢』は、5月12日(土)12:20~湊川公園メインステージにて。ぜひみなさんで応援しましょう!!!!!

NEW!2018年4月23日

第18回神戸新開地音楽祭、ステージ出演者説明会を開催しました!!!!!

[カテゴリー]  スタッフ日記, ミュージシャンステージ

こんにちは。神戸新開地音楽祭事務局です。

 

すっかり初夏の気候になりましたね。そして、神戸新開地音楽祭まで3週間となりました。先週4月15日(日)は、第18回神戸新開地音楽祭 出演者説明を開催。当日は約120名の出演者の代表の方々に出席いただきました!

毎年、14時00分00秒に開始し、各ステージの責任者、担当者が中心となり、新開地音楽祭の趣旨や全企画内容の説明、お願い事などをお伝えしています。音響を担当するスタッフ(BASS ON TOP) も出席し、ステージや機材などを確認する質疑応答の時間もあります。説明会は1時間程で、その後は各ステージ担当との顔合わせを兼ねた現地見学を行います。


18年間、大きなトラブルもなく継続していけるのは、素晴らしいミュージシャン皆さんの音楽はもちろん、マナーを守った行動、時間厳守など、そういった運営協力があったからこそです!!!(※ちなみに、ステージ担当スタッフは全てボランティア。説明会受付では、他企画の担当者もサポートしてくれました。)

 

神戸新開地音楽祭当日は、良い天気で、また皆様とお会いできることを楽しみにしております!!!!!

2018年3月20日

5月12日・土曜夜のテーマは『GSゴー↑ゴー↑ナイト」。ゲストは・・・!

[カテゴリー]  スタッフ日記, メインステージ

みなさん、こんにちは。
神戸新開地音楽祭事務局です。

 

明日は春分の日。3月中旬から下旬へと移り変わろうとしています。野外ステージ出演者募集に応募されたみなさまのなかにも、そろそろ合否通知が届いている方もおられるかもしれません。今年も非常にレベルが高く選考が大変でした。泣く泣くお断りをせざるを得なかったミュージシャンの方もたくさんいます。プログラムは4月中旬頃に発表しますので、もうしばらくお待ちください。

 

そして、メインステージ!
事務局の私たちも「今年のゲストは誰なん?」と会う人、会う人に聞かれておりました(笑)。が、ようやく発表できる、この日がやってきました!!!!!では、まいりましょう!

 

 

5月12日土曜夜のテーマは・・・

 

 


じゃじゃーーーん!

 

 /
 『GSゴー↑ゴー↑ ナイト』 です!!!!!

 \
メインゲストには「ザ・タイガース」のドラマーとして活躍した、『ピー』こと、
瞳みのるさんをお招きします!!!!!
(パチパチパチ~★)


瞳みのる(音楽家・著述家) 
京都市出身。1967年、ザ・タイガースのドラマーとしてデビュー。グループサウンズの代表的バンドとして絶大な人気を誇る。1971年に解散後、一年間の猛勉強を経て慶應義塾大学に合格。中国文学の研究のために、大学院に進学し、さらに北京大学にも留学。大学院終了後は慶應義塾高校で33年間教鞭を執る。2011年から音楽活動を再開し「沢田研二 LIVE 2011~2012」全国38か所のツアーに参加。2013年12月、44年ぶりにザ・タイガースオリジナルメンバーでのコンサートを実現し、8公演で10万人を動員。また2014年に自らのバンド「二十二世紀バンド」を結成して以来毎年ライブツアーを行っており、海外では2016年は北京で、昨年2017年は台北でもライブを開催した。

 

 

さらにバックバンドには、『味奉行&ザ・バンドマン』友情出演!1960年代、関西グループサウンズブームの象徴的存在でザ・タイガースとも親しかった「加賀テツヤとザ・リンド&リンダース」の宇野山和夫率いる超絶テクニック集団です。
ba 宇野山和夫
key 竹瀬 有美
gt 大西 教文
dr 小林 亮

 

 

「ザ・タイガース」世代ではない若者も大好きなグループサウンズナンバーがてんこもり。土曜夜は、家族みんなで歌って踊って楽しみましょーーー!

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ