第18回神戸新開地音楽祭

2018年5月12日(土)13日(日) 湊川公園・新開地商店街一帯
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ

トップページ音楽祭ブログ > ミュージシャンステージの記事一覧

「ミュージシャンステージ」の記事一覧

2018年5月11日

【第18回神戸新開地音楽祭】さらに充実のミナエンタウンステージまでの行き方を徹底解説!!!

[カテゴリー]  スタッフ日記, ミュージシャンステージ

どんどん行きましょう!第18回神戸新開地音楽祭みどころ紹介。昨年から新たに加わり、今年さらに充実したミナエンタウンステージ。ブラタモリでも紹介された“元天井川”という地形のおかげで、どこが1Fで、どこが2Fなのか、混乱する人が続出しているので、改めて解説をしたいと思います。まずは全体図をご覧ください!

 

2FのMarengo には、湊川公園中央(公園ステージ近く)の階段からお越しいただくのがオススメです。(※全体図のA階段)

この階段を降りるとミナエンタウン入口があります。
↓  ↓  ↓

ミナエンタウン入口から入って、しばらく進むと右手に
☆Marengo があります。

また、Marengo前の階段を地下まで下りていただくと、3軒のライブハウスに到着します。

☆Key West 

☆Green Rabbits ↓ ↓ ↓

☆Cafe SUN ↓ ↓ ↓

 

 

★新開地商店街から湊川公園に入ってすぐ、左側にも入口があります!

この階段を降りると、「和季」さんの前に到着。ここを左に進んでください。

この階段を上がるとミナエンタウンに到着です!喫茶「光線」があるフロアは2F。
右に進むとMarengoがあります。

 

★もうひとつ入口があります。新開地商店街から湊川公園入口前。

この道を左に進むと、ここにもミナエンタウン入口があります。

階段をどんどん地下まで降りてください。


地下に到着です!このフロアにCafe SUN、Green Rabbits、Key West があります!

ミナエンタウンステージは、ライブハウスならではのステージ!!!ぜひともライブハウスめぐりをお楽しみください!天井川だった地形のおかげで、ミナエンタウンはどこが1Fなのかフロアがとてもわかりにくいのです。でも、この迷路感もお楽しみのひとつ。それでも場所がわからなければ会場にいるスタッフにお声掛けくださいね~!

2018年5月10日

【第18回神戸新開地音楽祭】各ストリートステージの見どころを一挙ご紹介しますーーー!

[カテゴリー]  スタッフ日記, ミュージシャンステージ

開催まであと2日となりました。第18回神戸新開地音楽祭、見どころ紹介。まだまだまいります!!!!!

 

今年の新開地音楽祭には721組の公募のなかから選ばれた、プロ・アマ・ジャンルを問わず演奏レベルの高い265組が出演!メインステージやメイン会場にはモチロン行くけど、ほかのストリートステージも見たいんだよなぁ。というみなさま。新開地音楽祭公式ページのなかのマップページを見ていただいたら、各ステージの特徴が書いてあります。が、ここで一気に見ていただけるよう、各ステージ担当者からのオススメコメントをまとめてみました!!!!!メインステージから近い順番にいきます!

みなとがわステージ
ポップス、フォーク、歌謡曲、カントリーなど、多彩なジャンルのバンドが賑やかに登場します。

ミナエンタウンステージ
ライブハウスのメッカ、ミナエンタウンが音楽祭のステージになりました! 4ヶ所のライブハウスでアコースティックとバンドステージをお届けします。ちょっぴり迷路みたいな各ライブハウスの行き方は、のちほどブログでご紹介しますね。

1丁目ステージ
ギターソロを中心に、フォークや弾き語りのステージをお届け。狭い商店街通路に人が通れないほどになる1丁目ステージ。正統派の弾き語りからボサノバ、演歌(!?)まで、去年とは一味違った1丁目を見れること間違いなし!

Round1ステージ
ジャズやブルース、ボサノバなど、じっくり聞いていただきたい音楽を中心に構成。トランペットやサックス、クラリネット、ヴァイオリンなども登場、少人数ならではのハーモニーがお楽しみいただけます。

メトロ新開地ステージ
フォーク、ジャズ、ポップスなどのバンドが登場。地下空間に響く生音が魅力のステージ。ビールを飲みながら楽しんでいるお客様が多いです。

メトロパークステージ(NEW!)
新開地駅と高速神戸駅をつなぐ地下通路、メトロ卓球場のそばに設置された初登場のステージ。色々なジャンルのダンスとゴスペル、アカペラなどが楽しめます。

スクエアステージ
新開地商店街の一番人通りが多いエリアです。ロック、ブルース、フュージョンなど多彩なバンドが力強いサウンドをお届けします。必ず足を止めて、サウンドに引き込まれること間違いない実力バンド揃い。手拍子、掛け声、一緒に踊りだす人続出必至のステージです!

KAVCステージ
ドラムを使用しないアコースティック編成用ステージで、ピアノも設置。アコースティック系ステージの中では比較的大きなサイズのステージで、人数が多く音量の大きいグループが多いステージです。爽やかな楽曲のステージをお楽しみください!

BIGMANステージ
大人数で編成されるバンドのステージです。ビッグバンドや、吹奏楽、ディキシーランドジャズ、ゴスペル、スティールパンなど。チャップリンを模ったシンボルゲートBIGMANの下での演奏はとにかくカッコイイ!大迫力のステージをお楽しみください!

どのステージも見応えアリ、聴きごたえアリ!ぜんぶ聴くのはムリでも、あてずっぽうにステージめぐりしても楽しいハズ!事務局が太鼓判を押します。ということで、さらにまとめてご覧になりたい方は、やっぱりこのマップをご覧くださ~い!

2018年4月23日

第18回神戸新開地音楽祭、ステージ出演者説明会を開催しました!!!!!

[カテゴリー]  スタッフ日記, ミュージシャンステージ

こんにちは。神戸新開地音楽祭事務局です。

 

すっかり初夏の気候になりましたね。そして、神戸新開地音楽祭まで3週間となりました。先週4月15日(日)は、第18回神戸新開地音楽祭 出演者説明を開催。当日は約120名の出演者の代表の方々に出席いただきました!

毎年、14時00分00秒に開始し、各ステージの責任者、担当者が中心となり、新開地音楽祭の趣旨や全企画内容の説明、お願い事などをお伝えしています。音響を担当するスタッフ(BASS ON TOP) も出席し、ステージや機材などを確認する質疑応答の時間もあります。説明会は1時間程で、その後は各ステージ担当との顔合わせを兼ねた現地見学を行います。


18年間、大きなトラブルもなく継続していけるのは、素晴らしいミュージシャン皆さんの音楽はもちろん、マナーを守った行動、時間厳守など、そういった運営協力があったからこそです!!!(※ちなみに、ステージ担当スタッフは全てボランティア。説明会受付では、他企画の担当者もサポートしてくれました。)

 

神戸新開地音楽祭当日は、良い天気で、また皆様とお会いできることを楽しみにしております!!!!!

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ