第18回神戸新開地音楽祭

2018年5月12日(土)13日(日) 湊川公園・新開地商店街一帯
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ

トップページ音楽祭ブログ > メインステージの記事一覧

「メインステージ」の記事一覧

2018年5月11日

【第18回神戸新開地音楽祭】13日・日曜夜はシビれるほどカッコイイJAZZのステージ!

[カテゴリー]  スタッフ日記, メインステージ

先ほどメイン会場の湊川公園に行くと、ステージや屋台テントが組まれていました!いやーーー、ほんといよいよですね!!!!!今年は兵庫区役所新築工事のため、ステージが一歩前に出て芝生エリアが観客席に。野外フェスらしく、気持ちのいい会場になりますよ~~~!さぁ、さぁ、第18回神戸新開地音楽祭、見どころ紹介続けましょう!

 

日曜日のメインステージは、721組の公募から選出された凄腕バンドによる「音楽祭セレクションステージ」「Shinkaichi Blues Stage」と続き、夜は『Shinkaichi Jazzy Night』。シビレるほどカッコイイ音であふれる、ジャズのステージです!世界で活躍するベーシスト・権上康志とギタリスト・増尾好秋のトリオ。昨年の神戸新開地ジャズヴォーカルクィーン・Yuka。大トリは、神戸出身のジャズサックス奏者・土岐英史スペシャルプロジェクト!!!ジャズの音色に酔いしれて、ビール片手に気持ちよくスウィングしましょーーー!このステージを見逃すな!!!!!

 

 

17:15~ 権上康志SPECIAL TRIO feat. 増尾好秋
1985年生まれ、山口県出身のベーシスト。大阪音楽大学在学中より演奏活動をはじめ、 エディ・ヘンダーソン(tp)ルイス・ナッシュ(dr)らトップミュージシャンと共演。 これまでにリーダーアルバムを7作発表し、2014年にNYに拠点を移し活動中。 今回はソニー・ロリンズ(ts)エルヴィン・ジョーンズ(dr)バンド在籍で知られる、 世界的ギタリスト増尾好秋を迎えたトリオで出演。

 

18:00~ Yuka
幼少期ミュージカルに影響を受け合唱や声楽、ジャズダンスを始める。ピアニスト近 秀樹氏がホストピアニストを務めるジャズバーにてJAZZに魅了され、数年間レギュラー出演し実践的に学ぶ。ライブやホテル、イベントでの演奏活動を行っている。Jazz vocalistのLorna Cifra氏師事。2017年第18回神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテストにてグランプリ受賞、シアトル「jazz alley」でのライブも成功を収める。 ピアノ:名倉学 ベース:zingoro

 

18:50~土岐英史スペシャルプロジェクト
土岐英史(Sax)、奥平真吾(Ds)、佐藤恭彦(Ba)、片倉真由子(P)、市原ひかり(Tp)、広瀬未来(Tp)
神神戸出身、日本のジャズ、フュージョン史を創った屈指のサックス奏者。山下達郎、坂本龍一、日野皓正など数々のミュージシャンとセッションを重ね、その稀有な音色とフレーズで多くの人々を魅了してやまない。精力的にライブ活動を行う傍ら、若手の育成にも力を注ぐ。

2018年5月9日

【第18回神戸新開地音楽祭】Battle de egg ステージには昨年の準優勝バンド mari4ten(マリシテン)が登場!

[カテゴリー]  スタッフ日記, メインステージ

第18回神戸新開地音楽祭、見どころ紹介。どんどん行きましょう!

 

12日(土)13:20~ メインステージでおこなわれる【Battle de egg ステージ】。
※Battle de egg とは、新開地にある「神戸アートビレッジセンター」でファイナルステージが行われている全国初の官・民 共同主催のバンドコンテスト。メンバー全員が満15歳以上35歳以下のマチュアまたはインディーズバンドというのが応募条件になっています。

 

今年、新開地音楽祭のメインステージに立つのは、昨年の準優勝バンド mari4ten(マリシテン)!

平成が生んだ社会人バンドのラストサムライ。古き良き日本オルタナティブサウンドを基軸としつつ、随所に光るポップセンスに定評があるとかないとか・・・。2018年春に1st e.p.を発売し全国で活動中。http://eija.info/

 

 

ステージではどんな楽曲を聴かせてくれるのか?!この春、1st EPを出したばかりの若き3ピース・バンドから目が離せません!!!!!

2018年3月20日

5月12日・土曜夜のテーマは『GSゴー↑ゴー↑ナイト」。ゲストは・・・!

[カテゴリー]  スタッフ日記, メインステージ

みなさん、こんにちは。
神戸新開地音楽祭事務局です。

 

明日は春分の日。3月中旬から下旬へと移り変わろうとしています。野外ステージ出演者募集に応募されたみなさまのなかにも、そろそろ合否通知が届いている方もおられるかもしれません。今年も非常にレベルが高く選考が大変でした。泣く泣くお断りをせざるを得なかったミュージシャンの方もたくさんいます。プログラムは4月中旬頃に発表しますので、もうしばらくお待ちください。

 

そして、メインステージ!
事務局の私たちも「今年のゲストは誰なん?」と会う人、会う人に聞かれておりました(笑)。が、ようやく発表できる、この日がやってきました!!!!!では、まいりましょう!

 

 

5月12日土曜夜のテーマは・・・

 

 


じゃじゃーーーん!

 

 /
 『GSゴー↑ゴー↑ ナイト』 です!!!!!

 \
メインゲストには「ザ・タイガース」のドラマーとして活躍した、『ピー』こと、
瞳みのるさんをお招きします!!!!!
(パチパチパチ~★)


瞳みのる(音楽家・著述家) 
京都市出身。1967年、ザ・タイガースのドラマーとしてデビュー。グループサウンズの代表的バンドとして絶大な人気を誇る。1971年に解散後、一年間の猛勉強を経て慶應義塾大学に合格。中国文学の研究のために、大学院に進学し、さらに北京大学にも留学。大学院終了後は慶應義塾高校で33年間教鞭を執る。2011年から音楽活動を再開し「沢田研二 LIVE 2011~2012」全国38か所のツアーに参加。2013年12月、44年ぶりにザ・タイガースオリジナルメンバーでのコンサートを実現し、8公演で10万人を動員。また2014年に自らのバンド「二十二世紀バンド」を結成して以来毎年ライブツアーを行っており、海外では2016年は北京で、昨年2017年は台北でもライブを開催した。

 

 

さらにバックバンドには、『味奉行&ザ・バンドマン』友情出演!1960年代、関西グループサウンズブームの象徴的存在でザ・タイガースとも親しかった「加賀テツヤとザ・リンド&リンダース」の宇野山和夫率いる超絶テクニック集団です。
ba 宇野山和夫
key 竹瀬 有美
gt 大西 教文
dr 小林 亮

 

 

「ザ・タイガース」世代ではない若者も大好きなグループサウンズナンバーがてんこもり。土曜夜は、家族みんなで歌って踊って楽しみましょーーー!

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ