トップページ新開地のお店・スポットレストラン・食堂 > 定番・豚まん専門店「春陽軒」

新開地のお店・スポット

定番・豚まん専門店「春陽軒」

[レストラン・食堂 / 飲食、その他]

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多いときには1日3,000個。新開地みやげの定番・豚まん専門店「春陽軒」。 みそ味の餡と日々変わる生地の息づかいを感じて。
  • 多いときには1日3,000個。新開地みやげの定番・豚まん専門店「春陽軒」。 みそ味の餡と日々変わる生地の息づかいを感じて。
  • 多いときには1日3,000個。新開地みやげの定番・豚まん専門店「春陽軒」。 みそ味の餡と日々変わる生地の息づかいを感じて。
  • 多いときには1日3,000個。新開地みやげの定番・豚まん専門店「春陽軒」。 みそ味の餡と日々変わる生地の息づかいを感じて。

多いときには1日3,000個。
新開地みやげの定番・豚まん専門店。
みそ味の餡と日々変わる生地の息づかいを感じて。

大正12年に“元祖和風中華料理”を掲げた初代の創案による豚まんは、
今や新開地グルメの代名詞的存在。
日本人の口に合わせたみそ味の餡とつけダレにウスターソースと、
ハイカラな取り合わせの妙は、生地のふくよかな甘味に包まれてこそ真価を発揮する。

自然発酵でじっくり熟成させる生地は、
3日前、2日前、前日に仕込んだ3種類を練り合わせる独自の製法。
気温や湿度で微妙に変わる配合と発行具合に、
「天気予報は常に気になりますよ」と3代目店主・山本豪さんは目が離せない。
餡を包む間も熟成が進むから、スタッフ総出でとにかく手早く、大きな蒸し器へ。
一気に蒸しあげると、まさに生きている生地は、ふんわり、もっちり。
心地よい弾力感に、つい“もう一つ”と手が伸びる。
  • 3種類の生地を練り合わせ、じっくり熟成させる。

    3種類の生地を練り合わせ、じっくり熟成させる。

  • みそ味の餡を生地に詰め込む作業は手早くおこなわれる。

    みそ味の餡を生地に詰め込む作業は手早くおこなわれる。

  • まいにちスタッフ総出で仕込みがおこなわれている。

    まいにちスタッフ総出で仕込みがおこなわれている。

  • 蒸し上がった豚まん。ほかほかの出来たてはまた格別。

    蒸し上がった豚まん。ほかほかの出来たてはまた格別。

【所在地】神戸市兵庫区新開地2-7-5
【電話番号】078-575-0078
【ホームページ】http://www.syunyouken.com/
【営業時間】 10:30〜売切れ次第閉店
【定休日】 日曜日
【アクセス】聚楽横丁・四ノ通
多いときには1日3,000個。新開地みやげの定番・豚まん専門店「春陽軒」。 みそ味の餡と日々変わる生地の息づかいを感じて。

「新開地のお店」の一覧ページに戻る

このページの先頭へ