トップページスタッフが見つけた新開地まちの取り組み > 4/21 神戸新聞朝刊に「ROWJI(ロオジ)」が掲載されました!

スタッフが見つけた新開地!

2016年4月23日

4/21 神戸新聞朝刊に「ROWJI(ロオジ)」が掲載されました!

[まちの取り組み / 新開地商店街]

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤坂です。こんにちは!
先週から続きまして、
4月21日 神戸新聞朝刊に「ROWJI(ロオジ)」が掲載されました!

 

長嶺記者ありがとうございました!

 

散歩する感覚でお店めぐりを

 新開地に「路地裏」感覚施設

 

路地裏のような空間をイメージした商業施設が、5月の大型連休明け、兵庫区新開地2にオープンする。
ネイルサロンや古書店、中古レコード店の出店が決まっており、名称は「ROWJI(ロオジ)」。
レトロで気取らない雰囲気が魅力の新開地で、新たなスポットになりそう。
近年マンションの建設ラッシュで子育て世代の若い住民が増加する新開地。
100年以上の歴史ある歓楽街には個性的な老舗は多いものの、
「若い女性らが気軽に立ち寄れる場所を生み出そう」と、新開地まちづくりNPOなどが企画し市の補助金を得て実現した。
雑貨店やカフェなど個性的な店が数点集まる、小規模商業施設は近年大阪や京都にも相次いでオープン。
ロオジは「にぎわいがにじみ出るような一画に」と、廊下や各店入り口付近のスペースはあえて、イベント開催や
ギャラリーでの使用などを想定して、比較的広めに設計。散歩するような感覚で各店を巡ってもらうのが狙いだ。
テナント向けに開かれた現地見学会では、ネイルサロンを出す浅田静さん(32)=兵庫区湊川町=が
「三宮や元町まで行かなくても、子育ての合間に普段着で立ち寄れるような、親しみやすい空間にしたい」
と話していた。
ロオジの店舗は3~4坪程度の6区画あり、賃料と共益費込みで4万円から(所年度は1万円引き)で
礼金は20万円。出店には審査がある。新開地まちづくりNPO ℡078576-1218
(長嶺麻子)

※毎日たくさんの方々からお問い合わせいただいてます。
見学は月曜日以外、可能です。お気軽にご連絡ください!!

詳しくはコチラから ⇒ http://rowji.org/

 

ROWJI記事掲載

「スタッフが見つけた新開地」の一覧ページに戻る

このページの先頭へ