トップページ新開地まち歩きコース > 粋で知的なオンナを磨く観劇コース

新開地まち歩きコース

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

粋で知的なオンナを磨く観劇コース
神戸一の歓楽街だった新開地。映画や芝居はもちろん大きな楽しみですが、
今回はちょっと知的な娯楽を体験して、粋で知的にオンナを磨きましょう!(アレッ新開地vol.24より)

【ツアースケジュール】
囲碁クラブ ミズキ
囲碁クラブ ミズキ
新開地唯一の碁会所『ミズキ』。囲碁ってカタいイメージがありますが、最近は女性や子どもたちにも人気があるとか。だけど、お互いの石を囲みあうから囲碁、ってことすら知らない初心者でも大丈夫かな?と心配していたら、囲碁歴50年のご主人・福岡先生が手ほどきしてくれました。
目からウロコがいっぱい。ルールがわかるとハマります。

次へ

さか江亭
さか江亭
頭を使ったあとは、『ミズキ』でよく出前を取る、うどん・そばの老舗『さか江亭』でお昼ごはん。昆布を一晩水に浸け、ウルメ、サバ、本カツオの節で丁寧に取った澄んだ味わいのダシに、毎日通う常連さんもいるそう。
特製の大きなおにぎりとだし巻は、まさにおふくろの味!

次へ

コーヒーの店 アキラ
コーヒーの店 アキラ
『さか江亭』と『アキラ』は実は親戚同士。出前のお得意さんも一緒なんですって。名物の手づくりホットーケーキはぜひ食べてほしい!
厚手の銅板で焼いているからふかふかで、口当たりはしっとり。自家焙煎コーヒーとのコンビは、まさに純喫茶の王道です。

次へ

新開地劇場
新開地劇場
しっかりお腹を満たしたら、全国でも有数の大劇場『新開地劇場』で、笑いと涙の大衆演劇を堪能。お客さんは、おばちゃんばかりかな?と思っていたら、意外に若い女性の姿も。平日の昼間でも満席に近い客入りです。ちょっぴり艶笑も入った人情話で、アドリブにどっと笑い、決め台詞できっちり拍手。最後の歌謡ショーが終わる頃の客席と舞台との一体感は圧巻。
劇団総出でお客さんを見送る恒例の“送り出し”で、オトコマエの座長さんを間近で見てクラクラ…。

次へ

珈琲道場
珈琲道場
演劇話に興じるのにぴったりなのが劇場裏の『珈琲道場』。ママさんは新開地随一の大衆演劇ファンで、今も月5、6回は劇場通い。15日間通って皆勤賞をもらったことも。
「最初に観たとき、こんな男前できれいな人がいるのか!と。それからは素顔が観たくて、つい裏口で荷物運びを手伝ったりして(笑)」。ママさんにかかれば座長さんも“ちゃん”付けに。店内を飾るママさんの大衆演劇レアグッズは必見です!

次へ

赤かぶ
赤かぶ
観劇客御用達の店は夕食にも。劇場正面の『赤かぶ』のこだわりのビフカツやハンバーグにも、劇団のご贔屓が多いとか。ときにはファンが先に注文に来て、幕間に役者さんと食卓を囲むことも。娯楽の街・新開地では人とのふれあいも醍醐味の1つ。
生の役者さんと気軽に話せるように、まち全体がライブな楽しみでいっぱいです。
 

「新開地ツアー」の一覧ページに戻る

このページの先頭へ