トップページ新開地まち歩きコース > ダンナだけに独占させない奥様ご満悦コース

新開地まち歩きコース

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンナだけに独占させない奥様ご満悦コース

 

ご主人が普段から新開地に通い慣れているという奥様たち。「いつも楽しそうだけど、
どんなところに行ってるのかしら?」と、気になっているご様子。
でも、実際に行くにはちょっと考えていたようですが…。
それなら!と奥様にご満足いただける新開地ツアーを考えました!
懐深い新開地のとっておきのコースへお連れします~!

【ツアースケジュール】
鳥八
鳥八
まずは偵察、ということで焼鳥の「鳥八」へ。
かつての聚楽館裏手にあたるこの辺りは、細い路地が入り組んでいます。
ひっそり佇む店の入口をそっと開けると、カウンターには細身の好青年。店主・家本さんは弱冠23歳で店を継いだ2代目。早速、注文すると串を皿にのせて、塩の瓶を高く掲げてハラハラハラ…「先代のやり方を見よう見まねで覚えたんですよ」と、しなやかな手つきはまるでバーテンダー!炭に触れそうな近火で素早く炙ると、いい匂いが漂ってきます。表面がパリッと香ばしいだんご、プリプリと弾ける皮は、36年前の創業から変わらない看板の一品。小ぶりの串も女性にはうれしい!

次へ

松岡珈琲店
松岡珈琲店
さて後日、まず向かったのは、店に近づくと芳ばしいコーヒーの香りが流れてくる「松岡珈琲店」。
元洋食店主の初代が始めた自家焙煎の味を継ぐ2代目マスターの松岡さん。「これがコーヒーになるんですよ」と見せてくれたのは焙煎前の生豆。液体が上へ下へと動くサイフォンも見ていて飽きません。コーヒーのコクのある苦味には、洋食屋仕込みの名物・ふかふかのタマゴサンドを。半熟のとろみを残した優しい味がぴったり。落ち着いた雰囲気に和みますよ。

次へ

一ソ十
一ソ十
気さくな雰囲気の店が多い新開地ですが、そんなイメージを覆すお店の1つが「一ソ十」。
かつて芸妓や旦那衆が通った福原の名店「美丁」のスタイルを受継ぐ店は、古いビルの奥にありながら凛とした空気が感じられます。「毎日欠かさず磨いていますから」というピカピカの鉄板に、白衣姿の女将さんの優雅なテコさばきが映えて、思わず背筋が伸びてしまいます。吟味された食材を載せた小ぶりの粉焼は、贅沢に赤玉入りに。花街で愛された、ふっくらと上品な味わいを堪能できます。

次へ

BAR BREATH
BAR BREATH
最後は正統派バー「BREATH」へ。
そーっとトビラを開けると…重厚な1枚板のカウンターと、バックに浮かぶボトルのきらめき。そしてマスター・小倉さんのにこやかな笑顔で、落ち着いた“大人の時間”を演出してくれますよ。
 

「新開地ツアー」の一覧ページに戻る

このページの先頭へ