トップページ新開地まち歩きコース > 映画の楽しみが日常にあるまち遊びコース

新開地まち歩きコース

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画の楽しみが日常にあるまち遊びコース

 

週末、時間があると足が向く新開地。
いつもならお目当てがあるんですが、その日は予定を考えずに、本当にふらっと出てきました。
ランチは済んだけど、さてどうしよう?
そんなとき、こんなコースはいかがでしょう?思い立ったら、すぐに観に行ける映画館との距離感は
新開地ならでは。新開地にある3つの館の個性を、まちのお店と一緒に気分に合わせて選べるように
なれば、楽しみもぐっと広がりますよ。(「アレッ!新開地 vol.33」より)

【ツアースケジュール】
喫茶エデン
喫茶エデン
ランチは済ませているので、ひとまず食後のお決まり『エデン』へ。
昭和23年の創業当時から変わらないクラッシクな家具と贅沢なコーヒーの味はもちろん、床の軋む音やお客さんの話し声も心地よくて。こんなに和める時間って、新開地にしかありません。

次へ

パルシネマしんこうえん
パルシネマしんこうえん
時間もたっぷりあるし、久しぶりに映画でも観よっかな。そう思いついたら、いいタイミングで友人から電話。映画好きだったよね~と誘ってみたら、行く行く!と好返事。
エデンで待ち合わせて、早速『パルシネマしんこうえん』へ。
表のポスターを見ても、知らない作品がほとんど。でもこの“見てのお楽しみ”っていうワクワク感がいいんですよね。何といっても、オーナーの小山さんはプログラムを決めるために年間250本以上の作品を見てるんです。ふらっと来ても、必ず心に残る作品と出合えるこの目利きが“映画のソムリエ”とも呼ばれる所以。関西一円にファンがいるのも納得です。

次へ

焼とり・釜めし 次郎
焼とり・釜めし 次郎
何だか話し足りないので、ちょっと一杯。松竹小路はまるで映画のセットみたいな横丁です。この路地にひっそり佇む『次郎』。
プリッとしたレバーやニンニクの利いたつくねで、お酒が進む進む。さっき観た映画の話から始まって、仕事のことから恋愛のことまで、女2人のつもる話は止まることを知りません。シメに名物の釜めしをいただいて、新開地の夜は更けていったのでした。
 

「新開地ツアー」の一覧ページに戻る

このページの先頭へ