loading

神戸・新開地の魅力を新開地ファンがお届けする
新開地情報サイトです。

新開地ファン登録
メニュー
ホーム > Go To 新開地!「まちのお店の取材レポート! > 創業時の姿をそのまま止める、レトロな空間が魅力の界隈随一の老舗喫茶店

GOTO新開地まちのお店の取材レポート!

この記事をシェアする

  • LINE

創業時の姿をそのまま止める、レトロな空間が魅力の界隈随一の老舗喫茶店

グリル一平 新開地本店

田中慶一

Text By

創業時の姿をそのまま止める、レトロな空間が魅力の界隈随一の老舗喫茶店

新開地グルメの代表格でもあり、全国にその名を馳せる神戸洋食の名店。お得なランチのセットから、店の顔でもあるオムライスなどの名物メニューまで、今もなお美味しさへのこだわりを追求し続ける逸品揃いです。

シェフの技と誇りが詰まった、名物の極薄巻きオムライス

この店の代名詞とも言える看板メニューがオムライス850円(税込)。根気よく玉ネギを炒めたペーストとケチャップを合わせたレッドーソース、毎日仕込むデミグラスソースとほくほくの玉子…三位一体の味わいは老若男女に人気です。中が透けそうなほど薄く巻かれた玉子焼きに使う卵は、なんと約半個分。薄く均一にパンっと張るほど破れにくい。巻き上げるまでまで1分という早業は、かつてはお客の目の前で見せていたとか。「うちでは、これがきれいに巻けて一人前」と、ムラのない美しい姿に、シェフの技と誇りが詰まっています。

唯一無二のオリジナル、熱々鉄板で供するマカロニイタリアン

オムライスと共に、ここならではのオリジナルメニューとしてファンが多いのが、マカロニイタリアン1400円(税込)。ホワイトソースが定番のマカロニにレッドソース&デミグラスソースを合わせ、さらに生卵を落とす、型破りの発想で無二の一品に。この一品のために卵は氷上の養鶏場から直送。生でもべとつかず、トロリと絡むまろやかさは熱々の鉄板だからこそ。じわじわと黄身を混ぜて味変させるのも楽しみの一つです。

尾頭付きの姿もゴージャスな天然有頭海老の海老フライ

ハンバーグステーキ1800円(税込・サラダ・ライス付き)や海老クリームコロッケ1300円(税込)など、名物が目白押しのメニューの中でも、スペシャルな一品が天然有頭海老の海老フライ2200円(税込)。この店のために確保される大きなエビは、ブリッとした歯ごたえと共に染み出す甘み、頭ごと行ける香ばしい味わいがなんとも贅沢です。

ランチタイムにはお得なセットメニューも

平日11:30~14:00のランチタイム限定のお得なセットも見逃せません。エビフライ、ミンチカツに日替りフライまで楽しめるボリューム満点のミックスフライランチ1200円(税込)に、日替りのタイムランチ900円(税込)の2種のセットは、いずれもライス、スープ付き。名店の味を気軽に味わえます。

明るくゆったりとした店内は幅広い客層に対応

店があるのは新開地二丁目商店街アーケード内にあるビルの2階。明るく心地いい店内は、ゆったりしたテーブル席中心で、ファミリーでの利用も多い。カウンター席もあり、お一人様も気軽に立ち寄れるのも魅力。カウンター席は、キッチンのすぐ前にあって、シェフが調理する音や活気が伝わります。

腕利きシェフ考案のオリジナルメニューで支持を得る老舗

創業は1952年。創業者・横山かんさんは、戦後、欧風化する日本を見越して、「これからは洋食や!」と、当時神戸随一のハイカラな街・新開地に開店した先見の明の持ち主でした。ホテル出身のコックを集めて開いた店では、それぞれの得意を生かして、数々のオリジナルメニューを考案。鉄板で供するマカロニ・イタリアンや、技術を要する極薄巻のオムライスも、個性派コックが腕を競うなかで生まれた名物です。また、店の命ともいえるデミグラスソースは、全員が集まって納得いくまで味を追求。震災前までは大人向きのほろ苦い味でしたが、女性客が増えた近年は少し甘めに調整するなど、お客に喜んでもらえる洋食をモットーに、絶えず進化を続けています。

店内の消毒を徹底。メニューは持ち帰りも可能

ホールスタッフはマスク着用。店の入口には手指の消毒液を設置し、お客が帰った後はテーブルをアルコール清掃するなど、感染症対策を実施しています。またグループでの利用は家族に限り6~8名までの対応。スープを除いて、メニューはテイクアウト可能です。

【DATA】
クレジットカード・電子マネー:不可
現金のみ
総席数:32席
禁煙

グリル一平 新開地本店

所在地
神戸市兵庫区新開地2-5-5 リオ神戸2F
アクセス
新開地駅6番出口から徒歩すぐ
営業時間
11:30~14:30(LO) 17:00~19:30(LO)
定休日
水・木曜
電話番号
078-575-2073
URL

この記事をシェアする

  • LINE
記事一覧へ戻る