第19回神戸新開地音楽祭 2019年5月11日(土)5月12日(日)湊川公園・新開地商店街一帯

音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
新開地音楽祭facebookページ

2014年5月8日

11日(日)メインステージはジャズステージに酔いしれて!

[カテゴリー]  メインステージ

みなさん、こんにちはー。

新開地PR隊長のニシジマです。

 

新開地音楽祭のプログラムのおさらい、パート3!

 

5月11日(土)メインステージはジャズのオンパレード!

スタンダードからアレンジジャズ、フュージョンまで

カッコイイステージをお届けします。

 

トリはやっぱり、

土岐英史スペシャルプロジェクト!

 

土岐さんのステージには毎年トリハダが立ちます!

涙が出るくらいカッコイイです!

 

◆土岐英史スペシャルプロジェクト(18:50~)

土岐英史(Sax) 、マーティーブレイシ(Dr)、清水興(Ba)、難波弘之(Pf)、山口マリ(Sax)、TAKU from 韻シスト(Gt)

 

土岐英史

土岐英史

 

神戸出身、日本のジャズ、フュージョン史を創った屈指のサックス奏者。

山下達郎、坂本龍一、日野皓正など数々のミュージシャンとセッションを重ね、

その稀有な音色とフレーズで多くの人々を魅了してやまない。

精力的にライブ活動を行う傍ら、若手の育成にも力を注ぐ。

 

 

◆宮藤晃妃+大友孝彰trio(18:00~)

宮藤晃妃(Vo)、大友孝彰(Pf)、宮野友巴(Ba)、 光田臣(Dr)

 

大友孝彰

大友孝彰

 

幼少からクラシックピアノを始め、15歳の頃ジャズに転身。17歳から北野タダオ氏に師事。

2007年「第1回神戸ネクストジャズコンペティション」でグランプリ受賞。

2008年に自身のリーダーアルバム「Nightmare」をリリース。

京阪神のライブハウスを中心に東京や名古屋でも活躍中。

 

宮藤晃妃

 宮藤晃妃

 

2013年5月「第14回神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテスト」グランプリ獲得。

14代目ジャズクイーンとして2013年9月アメリカ シアトルの名門ジャズクラブ「Jazz Alley」で

現地Playerとの単独ライブを成功させる。

ソロ活動以外ではボーカルデュオユニット”Gee Baby”で好評を得ている。

 

 

◆加納新吾(16:00~)

加納新吾

 

6歳よりクラシックピアノを習い、大学にて関西を代表するピアニスト近秀樹氏に師事。

2012年にデビューアルバム「PRECIOUS」を発売。

2013年「第5回神戸ネクストジャズコンペティション」グランプリ受賞。

関西圏のみならず、全国にその活動の場を広げている新進気鋭のピアニスト。

 

 

屋台のご当地グルメを食べながら、

ビール片手にジャズのステージに酔いしれて

ラストは全員で乾杯しましょーーーー!!

 

 

過去の記事

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ