第18回神戸新開地音楽祭

2018年5月12日(土)13日(日) 湊川公園・新開地商店街一帯
会場マップ パンフレット請求 音楽祭ブログ 音楽祭の見どころ
音楽祭について 新開地へのアクセス ボランティア募集 お問い合わせ

豪華ゲストが続々登場!

昼は、全国721組から選抜された実力派公募バンドが賑やかに演奏。12日(土)の夜はGSゴーゴーナイト!。13日(日)の夕方からはスタンダードからアレンジ系まで、新開地音楽祭名物のジャズステージ。家族みんなで歌って踊って楽しんで!

出演者の詳細情報はこちらでチェック! 出演者の詳細情報

MCはもちろんこの2人!

ターザン山下

ターザン山下
神戸でオススメは?と聞かれると、必ず新開地を案内する新開地ツウ。子どもの頃から音楽が好きで、ディスコDJなどを経て、現在はラジオやTV、CMナレーションなど出演多数。
【コメント】
神戸の街に初夏の訪れを告げるイベント「新開地音楽祭」。今や全国的に名を馳せるようになりました。今回も「新開地音楽祭」に誇りを持って一生懸命、そして楽しくMCをさせていただきます。一緒に盛り上がりましょう!

小野ともこ

小野ともこ
新開地映画祭などでもおなじみ、こどもからオトナ企画までなんでもこなすスーパー・パーソナリティー。人間大好き。常に熱い心と好奇心を持って前進。
【コメント】
毎年恒例、5月の音楽祭の季節ですよ!湊川公園が、新開地の街が、リズムにのって皆様をお待ちしております!新開地の名物をおなか一杯食べて・・・いい音を体いっぱい味わって・・・さあ、一緒に盛り上がりましょ!!

5月12日(土)のメインステージ

GSゴーゴーナイト
17:30~20:00

昭和のグループサウンズナンバーでノリノリ!

ゲストには「ザ・タイガース」のドラマーとして活躍した、瞳みのるが登場。
「ザ・タイガース」の懐かしいナンバーを中心にお届けします。家族みんなで歌って、踊って、楽しんで!

瞳みのる  演奏味奉行&ザ・バンドマン
瞳みのる 演奏味奉行&ザ・バンドマン
瞳みのる(音楽家・著述家)
京都市出身。1967年、ザ・タイガースのドラマーとしてデビュー。グループサウンズの代表的バンドとして絶大な人気を誇る。
1971年に解散後、一年間の猛勉強を経て慶應義塾大学に合格。中国文学の研究のために、大学院に進学し、さらに北京大学にも留学。大学院終了後は慶應義塾高校で33年間教鞭を執る。2011年から音楽活動を再開し「沢田研二 LIVE 2011〜2012」全国38か所のツアーに参加。2013年12月、44年ぶりにザ・タイガースオリジナルメンバーでのコンサートを実現し、8公演で10万人を動員。また2014年に自らのバンド「二十二世紀バンド」を結成して以来毎年ライブツアーを行っており、海外では2016年は北京で、昨年2017年は台北でもライブを開催した。

演奏:味奉行&ザ・バンドマン(友情出演)1960年代、関西グループサウンズブームの象徴的存在でザ・タイガースとも親しかった「加賀テツヤとザ・リンド&リンダース」の宇野山 和夫率いる超絶テクニック集団。(Ba:宇野山 和夫/ Key:竹瀬 有美/Gt:大西 教文/Dr:小林 亮)

Battle de eggステージ
13:20〜13:40

ハイレベルな演奏を楽しんで!

全国初の官・民共同主催の若者支援、育成、応援プロジェクト『第6回Battle de egg』準優勝バンドが出演します。

12日(土)のメインステージタイムテーブルはこちら!

5月13日(日)のメインステージ

Shinkaichi Jazzy Night
17:15~20:00

ジャズのナンバーに酔いしれて!

スタンダードからアレンジ系まで、神戸新開地音楽祭名物のジャズステージ。
ビール片手にみんなでスウィングしよう!

土岐英史スペシャルプロジェクト
土岐英史スペシャルプロジェクト
土岐英史
神戸出身、日本のジャズ、フュージョン史を創った屈指のサックス奏者。山下達郎、坂本龍一、日野皓正など数々のミュージシャンとセッションを重ね、その稀有な音色とフレーズで多くの人々を魅了してやまない。精力的にライブ活動を行う傍ら、若手の育成にも力を注ぐ。

Shinkaichi Blues Stage
14:30〜16:15

ソウルフルなナンバーに心踊る!

やっぱり新開地にはブルースが似合う。心が熱くなるソウルフルなステージに揺れて、踊って、楽しんで!

13日(日)のメインステージタイムテーブルはこちら!

公式FACEBOOKページ

このページの先頭へ